尋常性乾癬で悩んでる方の専門サイト
尋常性乾癬専門相談室

乾癬体内矯正療法で尋常性乾癬を改善した体験談のご紹介#8

尋常性乾癬 改善レポート

尋常性乾癬
尋常性乾癬
尋常性乾癬

" 乾癬体内矯正療法 " の
実力の証明をご覧下さい!

乾癬体内矯正療法で尋常性乾癬を改善された、また、現在改善にむかっている方々の体験談を掲載しております。 同じような症状の方の体験談なんかを是非参考にしてみて下さい。

尋常性乾癬改善報告
体験談トップページ → 娘と一緒に銭湯に行けることが、何よりの楽しみです。

尋常性乾癬改善体験談 #8

相談室長の武西です。■武西所見: 昔の健康診断を拝見すると、明らかなタンパク質の摂取不足が伺える数値(総タンパク・肝臓の数値・尿素窒素等)が出ていました。M・Sさんがバランスよく食べていると仰られましたが、よくよくお聞きしていくと、炭水化物(特にご飯・ラーメン)が極端に多く、タンパク質(肉・魚・豆など)はほとんど食べておられない様子でした。昼食は丼物で済ます事が多いとの事でした。丼物は基本おかずが上に少しあるだけで後はご飯です。このような食事だと糖質に偏り血糖値の調整に無理がかかり、急激な血糖値の上昇から急な下降をたどり、その結果自律神経(交感神経・副交感神経)の働きが不安定になります。つまり、いつ乾癬が発症してもおかしくない状態でした。 血糖値の調整が不安定で糖化現象(主にブドウ糖がタンパク質と結びつく現象)がおこり皮膚の酸化が激しいと判断しましたので、抗酸化成分であるカロチノイドを集中的に摂取していただきました。 M.Sさんには丼物を控え、なるべく定食を選んでいただくように話し3・4品のおかずを食べることをお勧めし、基本的な栄養のバランスを心掛けていただき、その上で、乾癬体内矯正療法に必要な栄養素である、カロチノイド・ビタミンB群・亜鉛・ビタミンC・ビタミンE・プロテインの摂取に取り組んでいただきました。 飲用されて一年頃にお話を伺った時には痒みも全く無く、皮膚の状態も安定し人目も気にならず、何より娘さんとスーパー銭湯に出掛けられる機会が多くなったと喜んでいただいているので私も自分の事のように嬉しいです。

娘と一緒に銭湯に行けることが、何よりの楽しみです。
奈良県 M・Sさん(男性 40歳)

30代中頃のことです。健康診断で健康。仕事も順調。家族も幸せ。何もかもがうまく回っていた時期だったのに。ある日、突然に腕や背中にかゆみが出始め、かくと気持ちいいので気にすることなくかいていました。

しかし、かけばかくほどかゆみが増して,その部分だけが自分の肌でないようになってしまい、怖くなり皮膚科を受診すると乾癬と診断されました。出されたステロイド軟膏を塗ると症状はやわらぎました。しかし、やめるとまた皮膚にかゆみが出て、ボロボロとウロコのように皮膚がはがれ落ちて行きました。この繰り返しを4年間繰り返し、気がついた時には、乾癬の症状が体全体に広がっていました。人の目が気になり、妻にさえ見せるのをためらうほど気にして気にして、ストレスが底なし沼のように溜まり混んでいました。ちょうどこの頃が一番酷かったように思います。

そんな時に、パソコンで何気なしに乾癬について検索して見つけた乾癬体内矯正療法を知りました。1ページ分ぐらい読んでみて「これいいかも」と思えました。そして「とにかく飲んでみないと分からない!」と思い乾癬体内矯正療法を始めることにしました。
飲用して10日間ぐらいで、便通が良くなり出し、3ヶ月過ぎてからボロボロと皮膚がはがれ落ちることが少なくなりました。ここまでの変化には自分でもびっくりしましたが、そこから6ヶ月ほどは何の変化もなく、くじけそうになりましたが、アドバイスを聞きながら、食事に気を使い頑張りました。
そして、飲用して1年が過ぎた頃にはかゆみも無くなり、皮膚がはがれ落ちることも無くなりました。うなじの辺りに少し色素沈着したように残っている程度です。 娘と初めて私の念願だった家の近くのスーパー銭湯に行くことができました。思い切って、乾癬体内矯正療法を選んで本当に良かったです。

お問合せ