尋常性乾癬で悩んでる方の専門サイト
尋常性乾癬専門相談室

心理的悪循環は乾癬発症の大きな原因のひとつです。

尋常性乾癬では特に注意してください!

尋常性乾癬の大きなポイントになる心理面。心理的悪循環は乾癬を酷くさせたり、 乾癬発症の大きな原因のひとつになります。
思い当たる点はありませんか?

仕事、勉強、家事・・・やるからには誰よりも完璧にやり遂げるべきだと思っている。
解説 完全主義は行き詰まりやすい。
何でも完全にやり遂げたい、「○○するべき」という考え方、生き方には無理が出てくる。現実とのギャップを生みやすい。
希望の職場に配属・・・。だけどなかなか同僚の友人ができずなじめない。
解説 環境の変化を意識しすぎる。
変化の対応はうまくいかないことは誰でも必ずあること。「うまくやっていけないのでは・・・」と不安が強くなると環境の変化が過剰反応し頭に長く残ってします。
仕事の営業成績を上げて勝ち続ければなにもかもうまくいく。
解説 周りの人からの評価に依存している。
うまくいっているときはいいが、思うように行かなくなったときが問題。「自分はダメなんだ」という思いが強くなるおそれあり。
人前で話をするときはいつも「緊張してはまずい」と思うのにあがってしまって、頭の中が真っ白。
解説 意識するからますます緊張する。
嫌な感覚や感情、症状などは、注意を向ければ向けるほど強く感じられ、ますます気になってしまう悪循環。
最近、気分が落ち込んでいてやる気がなく、仕事も休みがち。
解説 悪循環に陥っている。
気分が落ち込むとネガティブな考え方を生み、さらに落ち込むという悪循環に。引きこもることで自信も失われていく。
それほど親しくない人たちと顔を合わせるのがとても苦痛。そういった場面は避けるようにしている。
解説 逃げ回るから悩みの種に。
苦手な場面を避け始めると、ますます苦手意識が高まっていく。行動範囲が狭くなり、事自己嫌悪に陥る。
一生懸命働いたのに、気分がさえない・・・要領よくできない自分が情けない。
解説 気分ばかりで事実が見えていない。
実際の行動・事実を評価せず気分ばかりに感心が向いていると、気分が悪いときは悲観的になる。まさに「気分本位」です。
仕事でとんでもないミス。これで評価が下がったらどうしよう。焦るな、焦っちゃダメだ。でも焦る・・・
解説 不快な感情は打ち消せない。
不安や焦りなどの不快な感情は打ち消そうとしてもできない。できること、できないことの区別がつかなくなっている。
尋常性乾癬発症者の方に多い心理状態
お問合せ